知地 尉              生け花教室

いけばな 小原流  

明治の中頃(19世紀末)流祖小原雲心が水盤に花を盛るようにいけるいけばなを考案したのが始まりです 伝統的な「床の間」だけではなく 場所を選ばない飾り方もできます。

 

小原流カレンダーより

様式集成より

005_20210703174027339.jpg img_0299.jpg 004.jpg 158.jpg 005.jpg 011.jpg 003.jpg image.png image.png image.png 005_20210703174027339.jpg 005.jpg img_0299.jpg 158.jpg 004.jpg 011.jpg

 
 

大見出し:タブ2

リード文を入力します。

 
 

大見出し:タブ3

リード文を入力します。

 
 

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。では、わたくしはいつかの小さなみだしをつけながら、しずかにあの年のイーハトーヴォの五月から十月までを書きつけましょう。